仮想通貨I O S Tとは?

仮想通貨I O S Tとは?

 

I O S T(アイ・オー・エス・ティー)

 

 

 

I O S Tは2018年1月にシンガポールを拠点とする非営利財団のI O S T財団によってローンチされました。正式名称はInternet of service tokenで、その頭文字をとってI O S Tとされています。

この通貨はインターネットのサービスがブロックチェーン上でも正常に動くようなオープンソースのプラットフォームを提供することが主となっています。

I O S Tはこのプラットフォームを使って、高速処理能力と非中央集権性を維持しながら今後、再生可能エネルギー関連や医療関連分野で実用化されることが期待されている仮想通貨となります。

 

 

最大の特徴

 

I O S Tは、承認方法として次世代コンセンサス・アルゴリズム「Proof of Believability(PoB)」を採用しています。S E R V Iというネットワークへの貢献度をブロック生成権の1つの基準にしています。貢献度が高ければ高いほど、報酬の高いブロック生成権を行える可能性が

高くなります。通貨の保有量、サービスの使用度、プラットフォームへの貢献度、サービス使用上の信頼度などを考慮された上で決められます。

 

I O S Tは世界的に普及しているプログラム言語であるJavaScriptを用いて、スマートコントラクトなどのサービス開発が可能です。すでに多くの人が使っている言語を使用可能にすることで、参入障壁を低く開発者の受け入れ拡大を目指しています。

 

 

I O S Tの将来性

 

 

 

 

I O S Tがこれからどれだけ使われていくかがポイントになってきます。I O S Tの方針としてはDeFi(分散型金融)分野へ力をいれていくとしています。安くて早いDeFiを作ることができます。

 

また、I O S Tを使ってゲームを作る分野にも力をいれています。I O S Tの性能として将来的には、ゲーム内のアイテムなどをプレイヤー同士で売買して稼ぐこともでき、ブロックチェーンを利用して稼ぐということが当たり前になっていくように思われます。

 

 

注意点

 

I O S Tを取り扱う取引所が今後どれだけ増えていくかという点は、重要な要素です。取引所が増えれば増えるほど、投資資金を集めやすくなるので価格を上げる要因となります。また、流動性が低いためにレートが暴れやすく、テクニカル分析で使用するインジケーターの使用が難しくなる傾向にあります。

価格としては、DiFeに進出したことにより、2021年はかつて無いほどの好調を見せており、各分野でI O S Tが活用されることでより高い価格上昇が期待できます。

 

ただし、非常に乱高下が激しい通貨なため、価格が急激に上昇すると言うことは急に下落するということも想定できますので注意してください。

 

 

まとめ

 

 

I O S Tは国内のコインチェックに上場されたことによって認知度が上昇し、価格上昇したアルトコインの1つです。

今後、期待もありますが投資をする際は、許容できるリスクを踏まえた上で投資をスタートさせてみてください。

 

 

当学習塾では、お金に関する教養のほか、資産運用や副業として、FXのトレード方法などの情報も提供しております。
どんな事でもお尋ねください。

line QR