信用取引とはどんなものなのか詳しく知っておこう

資産を増やしたいときには、信用取引を行ってみましょう。信用取引とは、現金や株を担保にして証券会社を使い資産を増やす取引をする作業です。信用取引は株式の売買を行うにあたって知っておくと便利ですので、具体的にどんなものなのか、メリットはあるのかを知っておきましょう。また、活用方法などもまとめて紹介するので、資産形成をする予定の方は知っておいて損はありません。

信用取引の仕組みを知っておこう

信用してもらい資金を貸してもらうのが信用取引

信用取引という言葉は聞いたことがあるけれど、実際にどのような内容なのかわからない、という方に向けて、信用取引の基本的な部分を解説します。信用取引は自分を信用してもらい、持っている資金以上の金額を使って株式投資を行う取引です。通常では購入できないような金融商品も購入できるため、うまく利用すれば少ない資金で多額の投資をすることもできます。ただし、信用取引を利用するには自身の持っている資産を担保にする必要があります。ちなみに、貸してもらった資金については、期限内に返却をする必要があり、期限を超えての取引は原則できないので気をつけましょう。

信用取引の仕組み

信用取引の仕組みは単純で、株の売った価格から買い戻した価格を差し引いたものが、取引者の利益になるといった具合です。例えば1000株を購入するための資金を証券会社から借りるとしましょう。そして、購入した1000株を証券会社に売却する時に200円株価が上がっていた場合は、200円×1000株=20万円の利益を得る事ができるといった計算です。この行為は買建と呼ばれ、信用取引の基本となるものです。一方売建は、株価が下落するほど利益を得ることができる仕組みをしています。証券会社から1000株を借りて、その株を1,000円で売ったとしましょう。このときの売却金は100万円になります。その後、株価が800円に下がったときに1000株を買い戻します。1000株を買い戻したときにかかる費用は80万円、つまり差額の20万円が利益となります。

専用口座を作ろう

売買を繰り返すことによって、自己の資産を増やしていくのが信用取引の具体的な流れです。ちなみに信用取引は一般的な取引とは違い、信用取引専用の口座を作る必要があります。取引口座を作ったら担保となる証拠金を入れて、その資金を使い株を購入していきます。信用取引では証拠金に対し3.3倍の資金を使える仕組みなので、例えば口座に50万円の証拠金を入れたのなら、165万円ほどの金額を使用して取引をすることができます。自己資金が多ければ多いほど取引額も増やす事が可能です。

信用取引のメリットとリスク

一攫千金を狙えるのがメリット

信用取引のメリットは持っている資金以上の金額で取引をすることができる部分にあります。自分の持っている資産では、購入できないような金融商品も取引を行えるため、うまく利用すれば一攫千金も狙えます。また株価が下がっているときにも利益を期待できる仕組みなので、チャンスは多いですが、信用取引をするにあたってのリスクも知っておくと安心です。

損失のリスクもつきまとう

信用取引は自己資金以上の取引ができるため一見便利に見えますが、損失が発生したときのリスクが大きくなってしまう可能性があります。例えば、50万円の自己資金を使って信用取引をするとしましょう。3倍のレバレッジをかけることができるため、約150万円の金額で取引が可能です。ただし株価が半分になってしまった時は、75万円の損失を招く事になってしまいます。そうなると、結果的に25万円の負債を抱える事になってしまうので注意が必要です。

追証に気をつけよう

他にも信用取引では追証が発生する可能性もあるため気をつけないといけません。追証とは、信用取引の損失額が大きくなったときに発生するもので、追加で保証金を支払う事になってしまいます。場合によっては資金ショートをして取引市場から撤退する事になってしまうため、慎重に取引を行う必要があります。

まずは少額から取引すること

信用取引で失敗しないためには、最初はローリスクで始めるのがコツです。レバレッジを効かせると多額に取引ができるのですが、逆に損失したときのリスクも高くなってしまいます。そこで、あまりレバレッジを効かせないように調整を行いましょう。また、損失が出てしまったときには深追いをせずに、良いタイミングで見切りをつけるのも大事です。「次はなんとかなるだろう」という気持ちで取引をしていると大損をする可能性もあります。また、信用取引は最低でも投資の経験がないと安全に取引するのは難しいです。よく理解してない状態で取引をしてもうまくいきません。株の選び方などを勉強してから本格的な取引を行うのが安全です。

計画的に信用取引をしよう

信用取引は自分の資金以上の取引をすることができますが、下手をすれば大きな損害を受ける可能性もあります。そうならないよう、勉強し知識を増やす事が必須ですので、何も考えずに信用取引をするのはとても危険です。最初は少額の投資からはじめて、レバレッジなどもあまり効かせないようにしましょう。また、株取引にある程度慣れておくと失敗するリスクも抑えることができます。

当学習塾では、お金に関する教養のほか、資産運用や副業として、FXのトレード方法などの情報も提供しております。
どんな事でもお尋ねください。

line QR