あなたは大丈夫?資産運用のよくある失敗例

最近は投資やFXが広まっていることから、どんな人でも気軽に資産運用を行うことができるようになりました。スマートフォンのアプリから取引ができることもあり、資産運用は最早もはや身近な存在ですよね。

 

初心者が取り組みやすくなったからこそ、起きている問題が「資産運用の失敗」です。今回は初心者さんに多く見られるみられる資産運用の失敗例をピックアップしてみました。中途半端な知識や未勉強のまま同じ失敗をしないように、失敗パターンを知っておきましょう。

資産運用のよくある失敗例

1.資産運用の目的や目標を決めていない

資産運用で最も多く見られる失敗がこの「目標の未設定」です。資産運用というと「利益を出すこと」が目標なのですが、多くの人が金融商品を購入する段階で満足してしまっています。

いわゆる三日坊主になる人が多いので、要注意です。

2.分散投資をしていない。

資産運用では思わぬ株価の下落などで資産が減ることもあり得ますありえます。リスクを減らすために投資先を分散しておくことは、必須と言えますいえます。いくら「余剰資金だから」と、ハイリスクな金融商品に一点張りすることはただのギャンブルでしかありません。

 

3.ルールを決めていない。

こちらも初心者に多く見られるみられる失敗パターンです。特に売買のタイミングやルールが未設定のまま資産運用を行っているケースがよく見られます。例えば株式なら、「3.5%以上値上がりしたら利益を確定させる」「1年後には必ずかならず売却しておく」など、具体的な行動の基準を決めておくことが必要です。

 

4.使ってはいけないお金を投資する

資産運用はあくまでも生活の中で余った「余剰資金」で行うものです。決して生活費を投資に充ててはいけません。「生活費が必要になったから、あの金融商品を売ろう」と、利益の出ないタイミングで売却することに繋がります。

生活を豊かにするはずの資産運用が、いつの間にか生活の生命線になってしまっては正しい運用はできません。

 

5.大きな利益のためだけに仮想通貨やFXに投資する

24時間スマホからでも取引ができる仮想通貨やFXでの資産運用は、非常にポピュラーになっています。しかしこうした金融商品は短時間での値上がり/値下がりが発生しやすい商品でもあります。

また、FXのように「投資元本以上の金額」で運用ができる場合には、大きな損失を出した際に、場合には損失の補填のため為に生活費を削ったりや借金をしたりする必要も出てきます。

資産運用を始める前に、必ずかならずその金融商品が持つリスクも知っておきましょう。く必要があります。

 

6.毎日の値動きに一喜一憂してしまう

初心者に多い失敗例として、値動きに敏感になるあまりに、日々の変動値動きに一喜一憂し、精神的に参ってしまうパターンです。毎日24時間、価値が変動する金融商品もあります。日中の本職の間にも価格をチェックしてしまう人は要注意と言えますね。適切な投資判断をするためにも一瞬の値動きに動じることなく、長期的な目標を見据えて資産運用を行いましょう。

資産運用で失敗しないためのポイント

ではどうすれば資産運用で失敗しにくいのでしょうか。おすすめの運用方法をまとめました。

 

1.感情ではなく数値で判断するクセを付ける

失敗パターンでも紹介しましたが、資産運用をするための人が適切な投資感覚を持つことが重要です。日々変動する金融商品の価格を見ているとつい不安が大きくなりますが、感情ではなく数値で物事を判断するクセを付けましょう。上級の資産運用者はリスクのコントロールだけでなく、感情のコントロールも上手だと言われています。正しい判断を行うためにも適切な判断基準を持ちましょう。

 

2.余剰資金だけで運用する

資産運用は必ず余剰資金だけで運用するようにしましょう。余剰資金は「万が一、全額を失っても生きていける金額」を指しています。次の計算式が広く知られていますね。

 

余剰資金 = 総資産 ー 手取り月収×6ヶ月

 

例えば、総資産額が450万円で手取りの月収が30万円の場合、450万円ー35万円×6ヶ月=240万円が余剰資金と言えます。日常生活では冠婚葬祭、や車や家のトラブル、病気やケガなどのコントロール外の出費が発生します。日常生活を滞りなく送ることができる状態が、必須の条件だと認識しておきましょう。

 

3.正しい知識・経験が得られるようにする

資産運用は一朝一夕でできるものではありません。一度成功しても、同じパターンで1年後に利益を出せるとも限りません。資産運用や世界情勢は日々変化を続けておりいるので、常にアップデートされた知識を得ることが重要です。

具体的には資産運用のプロに相談する機会を作ったりや、有料のスクール・セミナーに定期的に通うことのが良いでしょう。自分ひとりの勉強のスピードでは負担がかかるので、効率的にプロの力を借りるかりることも重要です。

 

いかがでしたでしょうか?今回は初心者が陥りやすい資産運用の失敗パターンをご紹介しました。紹介した中で自分に当てはまり「ハッ」とした方も多いのでは?知識不足や判断基準のミスから大切な資産を減らさないように、失敗パターンと対策については必ず認識しておきましょう。

当学習塾では、お金に関する教養のほか、資産運用や副業として、FXのトレード方法などの情報も提供しております。
どんな事でもお尋ねください。

line QR