FXのメリット・デメリットは?|基礎知識

fx

 みなさん、こんにちは。

 海外へ旅行に行ったことがある方は、銀行や空港などで日本円を旅行先の外貨に換金したことがあるかと思います。

 これと同じような仕組みを利用してお金を稼ぐことができるのがFX(外国為替証拠金取引)です。

 「FXって何?FX自動売買|基礎知識」では、FXとは何かについてお話しました。  

 今回は、FXのメリット・デメリットについて解説します。

通貨を売買して利益を狙うFX

 

 FXは、様々な通貨を売買(交換)して差益を狙う投資です。ニュースでよく「今日の円相場は1ドル120円です」と聞くのは、1ドルを120円で購入(売却)できるということです。この価格のことを「為替レート」といいます。

 

 例えば、為替レートが100円の時に1ドルを買って、110円になった時に売って円に戻すと為替差益が10円となります。逆に1ドルが90円の時に売って円に戻すと為替差損が10円となります。

FX

FXのメリット

 FXには、特徴的なメリットがあります。

少ない資金で取引できる

 FXの最大の特徴は「レバレッジ」です。レバレッジがきくことによって、少額でも大きな差益を得ることができます。

 

 例えば、1ドル=100円の時に、10万円で1000ドル購入できます。そこにレバレッジを10倍かけると、10万円の資金で1万ドル購入することができます。

 さらにこの後、1ドル=110円の時に売却すると、レバレッジをかけてない場合11万円(1000ドル)になるので差益は1万円ですが、レバレッジを10倍かけた場合は110万円(1万ドル)になるので差益が10万円となります。

fx

 このように、同じ10万円を使ったFX投資でも、レバレッジのかけ方によって効率よく増資することができます。

 

スワップポイントが毎日もらえる

 FXでは、為替差益で利益を得る以外に、スワップポイントでも稼ぐことができます。

 

 スワップポイントは、2種類の通貨の金利差に対してのお金で、金利の高い通貨を購入し保持しているともらえます。

 

 現在日本円の金利はとても低いので、円で金利の高い他国の通貨を購入すると、ほとんどの場合スワップポイントをもらうことができます。

 

 日本の銀行へ預金した場合、もらえる利息は半年に一度で、しかも超低金利(0.001%)なのに対して、スワップポイントは毎日発生し、金利も銀行預金と比較して高い傾向にあります。

 

平日ほぼ24時間取引できる

 為替レートは、平日ほぼ24時間動いているため、いつでも取引ができます。平日日中が忙しいサラリーマンでも、夜の落ち着いたタイミングで売買ができるので、自分のライフスタイルに合わせて運用できます。

 

外貨預金と比較しても手数料が格安

 通貨ペアを取引(売買)する際、「スプレッド」という実質的な手数料がかかります。FXのスプレッドは、外貨預金にかかる手数料の数百分の一で済むこともあり、お得に取引ができます。

通貨の相場が上昇・下落どちらの局面でも利益が出せる

 一般的な投資では、上げ相場で投資対象が値上がりした時に利益が出ます。しかしFXでは、今後値下がりが予測される通貨を先に売って、値下がりしてから買い戻す「空売り」という手法が使えるので下落局面でも利益を出すことができます。

fx

FXのデメリット

 FXのデメリットもしっかり把握しておきましょう。

予想が外れるとレバレッジで大損する可能性がある 

 FXは「少額でもレバレッジをかけることで大きな利益を出せる」ことがメリットですが、それはあくまでも予想が当たった場合です。

 予想が外れてしまった場合は、レバレッジを大きくかけているほど損失も大きくなります。現在、日本では最大25倍までレバレッジをかけられますが、利益が25倍になる分、損失も25倍になるリスクがあります。

 

 無理なレバレッジをかけてしまうと大損することがあるので、レバレッジのかけ方には注意が必要です。

 

寝てる間に損することもある

 平日ほぼ24時間取引ができるということは、寝ている間も為替レートが変動し続けるということです。そのため寝ている間に為替レートが大暴落(大暴騰)して損する可能性があります。

 

為替レートはどう変動するか予測が難しい

 為替レートは、様々な要因によって大きく変動します。国内外の経済や社会情勢の影響を受けて、急激に変動することも少なくありません。

 テクニカル分析やファンダメンタル分析など値動きを分析する方法は様々ありますが、万能ではありません。

 

 値動きが急激に変動した時にすぐ対処できればいいですが、仕事中などで、気がついた時には時すでに遅しということもよくあります。

 

 そのため、なけなしの金で一攫千金を狙うような無理は方法はせずに、しっかり勉強してから始めることが非常に大切です。

  

FXをやる上でのコツ

 通貨の特徴や国の情勢などを把握し、テクニカル(チャートから分析する手法)を勉強することは、FXで利益を上げるために必要不可欠です。

 しかしそれよりも一番大事なことは、資産管理をして収益を残していくことです。

 

 FX投資を始めたばかりの、特に高齢者の方によく見られるのが、「コツコツ貯めてきた資金を、一回の損失で全て失ってしまった」というケースです。

 

 勝率を高くするには、早めの損切り(損失を確定する決済のこと)が必要ですし、勝率が低くても1回で大きなリターンを得るのならば、利食い(利益を確定する決済のこと)はなるべく我慢しなくてはいけません。

 

  こういったことは投資の参考書やブログなどに大抵書いてあることで、多くの方が分かっていることですが、実際にお金が絡むと初心者であればあるほどなかなか冷静に対処するのが難しいものです。

 

 そのため、資金管理力を高めるためには、下記のポイントを押さえましょう。

 

まずは少額から始める

 FXの練習で、デモトレードで架空の取引を行いながら操作方法や動きのスピード・値動きなど、損益の感覚を学ぶこともできます。しかしあくまでもデモ取引なので、心理的にプレッシャーが掛からず資金管理力はあまり養われません。

 

 それよりも少額でも自分の資金を投じて実際に取引をすることで、プレッシャーを感じながら損失への不安や、損切りをする勇気を養うことができます。

 

 投資額が大きくなるほど、損失への恐怖心が高まり損切りができなくなります。そのため、まずは少額から始めてみて、慣れてから徐々にリスクを増やしていく方法がオススメです。

 

マイルールを作って厳格に守ることが大事!

 これからFXを始める初心者の方に是非行っていただきたいのは、必ずマイルールを作って厳格に守ることです。

 

 FXで失敗する人の特徴として、無計画にギャンブルのような取引をしていることが挙げられます。なけなしの金でレバレッジを大きくかけたり、損失があってもいつまでも売らずに保持していたり(これを塩漬けと言います)、自ら首を絞めるような取引を行い、残ったのは多額の借金というケースもあります。

 

 こうならないためにもマイルールを設定して必ず守りましょう。

 

 具体的なルールは次の3つです。やり始めは保守的に設定することが肝要です。

  1. レバレッジは最大2倍までにする。相場が大きく変動するときも5倍以上にしない。
  2. 利益確定は20銭上昇した時、損切りは10銭下落した時。
  3. 毎月余剰資金の範囲でのみ投資する

 

 マイルールを設定したら、いかなる場合もこれに従って取引をしましょう。ルール通りに取引したからといって必ず勝てるわけではありませんが、何よりも重要なことは「大きく負けない」ことです。

 

 大きく負けなければ、そのうち取り返すチャンスが巡って来るので、感情に惑わされず、常にルールに則って冷静に対処するように心がけましょう。

 

なかなか損切りができない場合は?

 どうしても損切りに躊躇してしまう方は、「強制ロスカット」というFXのルールを利用しましょう。

 

 強制ロスカットとは、評価損が一定の水準に達した時に、さらに損失が大きくならないように強制的に自動決済する機能です。

 

 業者ごとに決められている証拠金維持率に基づいて強制ロスカットが発動されるので、証拠金維持率が高い業者を選ぶと良いです。

 

 証拠金維持率が高いということは、早い段階(損失が小さい状態)で損切りが行われるため、次の手を打つための余力を温存することができます。

 証拠金維持率はレバレッジも加味されるので、レバレッジが大きいほど損切りが早くなります。

 

まとめ

 今回は、FXのメリットとデメリットについてお話ししました。FXは、少額でも大きな利益が見込める魅力的な投資手法です。魅力的なメリットがある反面、それ相応のデメリットやリスクもあります。

 

 そのため、やり方を間違えて大損しないようにマイルールをしっかり作って、ギャンブルにならないように気をつけながら始めましょう。

 

当学習塾では、お金に関する教養のほか、資産運用や副業として、FXのトレード方法などの情報も提供しております。
どんな事でもお尋ねください。

line QR