MT4・MT5って何?メリット・デメリット【初心者向け】

FXのMT4・MT5とは?メリット・デメリット(初心者向け)

 

 

 みなさん、こんにちは。 

 FX自動売買をする際に、利用する国内外の業者によって、採用しているトレードツールが異なります。

 海外のFX業者のほとんどで採用されているのが「Meta Trader(メタトレーダー)」というトレードツールで、現在MT4とMT5の2種類があり、MT5はMT4の後続版としてリリースされました。

 そこで今回は、MT4やMT5とは何か?メリット・デメリットを解説します。

 

MT4・MT5とは

MT4・MT5

 MT4とは、「Meta Trader4(メタトレーダー4)」のことで、MetaQuotes Software Corp.(メタクオーツ社)が開発したトレードツールです。

 世界で最も利用されており、日本のトレーダーにも評判の高いMT4の後続ツールとしてMT5がリリースされました。

 取引ツールとしてはMT5が優れていますが、様々な理由からMT4も並行して利用されているのが現状です。また、国内FX業者でMT4を採用している業者は10社もなく、MT5に至っては取り扱いしていません。

 

MT4・MT5のメリット・デメリット

MT4やMT5のメリットとデメリットについて解説します。

 

MT4・MT5のメリット

  国内FX業者にもオリジナルツールがあり、それぞれ工夫が凝らされているため使い易くはなっていますが、いろいろな制限があります。また、業者が変われば、それに合わせてツールの使用方法も再度覚える必要があるのも不便です。

 それに対しMT4やMT5は多くの海外FX業者で利用されているため、その点からもMT4やMT5が利用しやすいと言えます。

 

インジケーターやEAが無料

 

 インジケーターやEAは無料で入手できます。(有料もあり)

 海外のFXトレーダーのコミュニティのプラットフォームとして、FXの海外フォーラムがいくつかあります。そこでは、FXトレーダーが開発したインジケータやEAが数多くオープンソースで提供されているため、自由にダウンロードすることができます。

 そのため、プログラミングができない人は無料ツールをダウンロードして始めると良いでしょう。

 

自由度が高くカスタマイズすることが可能

 

 MT4やMT5は拡張性が高く、システム上の制限がほとんどないため、使いやすいように自身でカスタマイズすることができます。チャートや通貨ペアなどの画面のレイアウトも自由自在に設定できます。

 

インジケーター・EAが豊富で無制限に使える

 

 MT4・MT5には、最初の時点で既に豊富なインジケーターがインストールされているため、初心者の人であれば初期のものでも十分活用できます。

【標準掲載されているナビゲーター】

 パソコンスマートフォン
MT4MT5MT4MT5
チャート3種類3種類3種類3種類
時間足9種類21種類9種類9種類
標準インジケーター30種類30種類30種類30種類
描画オブジェクト31種類44種類24種類24種類

動作が軽量で使いやすい

 

トレードにはスピード感が必須です。一瞬で状況が大きく変わってしまうこともあるため、スクロール速度や表示速度が遅いものだと、大事なチャンスを逃してしまい兼ねません。

 MT4やMT5は、拡張性が高くいろいろカスタマイズできるツールでありながら、動作は非常に軽くストレスになりません。MT4よりMT5の方がさらに処理速度や表示速度が高速になっています。

 

自動売買やバックテストもできる

 

 MT4やMT5は、EAを使うことで自動売買が可能です。またEAのバックテスト(過去の特定の期間における取引データに基づいたパフォーマンスを測定することで、EAの有効性を測ることができる)により過去の運用成績を評価することができます。

 ただし、自動売買はパソコンのみでスマートフォンアプリでは裁量取引しかできないことに注意が必要です。

 

複数同時起動や複数口座登録が可能

 

海外のFX業者でほとんどがMT4・MT5が使われているため、1台のパソコン上に他社のMT4・MT5を同時に起動することができます。また、一つの業者に持っている取引口座に同時に複数端末からログインすることも可能です。国内業者では複数端末でログインできない制約があるので、この点でも自由度が高いと言えます。

 逆に、1つのMT4・MT5上に、同じ業者の異なる取引口座や別業者の取引口座を複数登録することができます。一元管理できるため、切り替えが簡単にできるといった使い方もできます。

 

MT4・MT5のデメリット

 

 MT4・MT5は、初心者でも基本的な操作だけであればすぐに使いこなすことができますが、経験と慣れが必要なものもあります。

 

インジケータ・EAは悪質なものも存在する

 

インジケーターやEAは、海外フォームだけでなく、個人サイトなどからも入手することができます。世界中で開発されているので、もちろん日本語表記ではありませんし、中にはウイルスが含まれた悪質なものが公開されていることもあります。

 どこからインストールする場合でも、安易に入手するのではなく、レビューや評価を参考にして本当に信頼がおけるものなのかを慎重に判断しましょう。

 

日本時間で表示されない

 

 業者によって採用している時間が異なります。グリニッジ標準時(ロンドンの標準時間)であったり、時期によっても計算が異なるため注意が必要です。例えば、夏時間の場合(3月初旬頃〜)は表示時間+6時間が日本時間となります。

 この点に関しては、カスタムインジケーターを使うことで日本時間を表示することができるので、インストールするようにしましょう。

 

MT5は海外の業者でも一部でしか利用できない

 

 MT4と比べて処理速度などに優れたMT5ですが、MT4ベースで開発されたインジケータやEAは、使用言語が異なるためMT5に導入できません。愛用して使い慣れたインジケータやEAを走らせるためにはMT4を利用するしかありません。

 そのためMT4を使い続けているユーザーが多く、ほとんどの業者ではMT4を採用しているのが現状です。そのため、MT4しか使えない業者、MT4・MT5どちらも使える業者があるので気を付けましょう。

 また、基本的にMT4・MT5はWindows専用ソフトなのでMacには対応していません。(一部業者はMac専用インストーラを提供しています)

 

まとめ

 MT4・MT5のメリット・デメリットについて解説しました。

 MT4・MT5はトレードツールとして初心者でも利用することができます。海外のFX業者であればMT4やMT5が主流のため、自由にカスタマイズしながらトレードすることができます。世界中のトレーダーたちが開発した様々なインジケーターやEAを活用して、FX自動売買に挑戦してみましょう。

当学習塾では、お金に関する教養のほか、資産運用や副業として、FXのトレード方法などの情報も提供しております。
どんな事でもお尋ねください。

line QR