不動産投資はダメ?意外と知られていないリスクとは

資産運用の一つである不動産投資は、投資手段の中でも人気があり、始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。継続的な利益を狙うことができるため、安定して稼げそうにも思えますよね。しかし、メリットがある反面、看過できないようなリスクも数多く存在します。ここでは、不動産投資において意外と知られていないリスクについて解説していきます。

 

不動産投資のリスク

空室だと収益が出ない

不動産投資のリスクとして大きいのが、空室になる可能性があるという点です。

 

不動産投資の特徴は、収入が住人の有無によって左右されるところでしょう。マンションの一室を購入して貸し出そうと思っても、借り手がいなければ購入した部屋は空室のままになります。不動産投資は主に借り手から支払われる家賃によって収益が出るわけですから、買った部屋が全て空室なら収入はゼロになってしまいます。不動産の投資費用は安いものではないため、「空室の場合、収入がゼロ」というのは、資産運用をする上で大きなリスクであるといえるでしょう。

家賃滞納が起こる可能性も

空室と同様に、不動産投資において収益が無くなる原因の一つが家賃滞納です。部屋を貸していても、当然ながら住人が家賃を支払わなければ、収益になりません。予期せぬタイミングで家賃滞納が起こると、場合によっては運用プランに支障を来たすことも考えられます。住人が家賃を支払わない場合、督促手続きなどを新たにする必要があるので、手間もかかってしまいますよね。保証会社に仲介してもらったり、サブリース契約を結んだりすることである程度対策はできますが、それでも「家賃滞納が起こる可能性がある」というのも、空室と同様に大きなリスクとなります。

 

金利によって収益が落ちる

投資用の不動産を購入する際、資金に余裕のない方はローンを組んで購入することになります。

ここで発生するのが、金利によって収益が落ちてしまうというリスクです。ローンを利用する際には金利が付きますが、できるだけ短期間で返済しなければ利息が膨らんでいきます。結果として、資産運用によって発生した収益の多くをローン返済充てなければならなくなることも珍しくありません。高い収益を得ても、返済額によって相殺されてしまう可能性があるということです。また、場合によっては途中から金利が上昇していくこともあります。そうなると利息の支払い額も増えてしまうので、さらに収益が少なくなっていくでしょう。初期費用を十分に用意できている場合は良いですが、ローンを組んで不動産投資を始めようとする方は特に注意が必要です。

 

 

建物の老朽化

不動産投資では、マンションなどの建物に対して投資しますよね。建物に投資する上で避けられないリスクの一つが、老朽化です。当然ですが、金塊などと同じく不動産は現物資産なので経年劣化は避けられません。そのため、築年数と共に価値が下がってしまうことが多いです。不動産の資産価値が下がると、家賃なども下げる必要があります。安定した収益を得ていても、年月が経つにつれて徐々にその収益が落ちていってしまうのは、不動産投資におけるデメリットでもあるといえるでしょう。老朽化が進んだ建物を修繕する場合にも費用がかかるため、思わぬ支出が発生するのもリスクの一つです。

 

災害の影響を受ける

不動産は現物資産ですから、災害などの影響を物理的に受けるというリスクがあります。火災保険や地震保険といった災害時に備えた保険に加入していればリスク軽減も可能ですが、費用を抑えようと保険に加入していない場合、有事の際に大きな損失が発生してしまいます。安全な土地だと思っていても、予期せぬ災害に巻き込まれる可能性があるので、保険以外に有効な対策手段はそれほどありません。もし所有している不動産が全壊した場合、ローンだけが残ってしまうという事態に陥る可能性もあります。

 

不動産投資にメリットはある?

 

数多くのリスクがある不動産投資ですが、メリットがないというわけではありません。例えば、不動産は運用する資産の価値がそれほど急激に変わることがないので、継続的な収益を得ることが容易というメリットがあります。また、マンションの一室を購入して貸し出すなど小規模な投資から始めることができるため、始める上での難易度がそれほど高くないのもメリットの一つです。高いリスクが存在する投資手段ですが、それらのリスクをうまく対策できていれば、十分に収益が見込める投資手段だといえます。

不動産投資を始める時は慎重に

 

不動産投資には、確かにいくつかのメリットが存在します。しかし、空室や家賃滞納など、資産運用においては致命的ともいえるようなリスクがあるのも事実。何も考えずに不動産投資を始めると、これらのリスクが原因で失敗してしまう可能性は高いです。「できるだけリスクのない資産運用がしたい」という方は、不動産投資ではなく別の資産運用を検討した方が良いでしょう。

当学習塾では、お金に関する教養のほか、資産運用や副業として、FXのトレード方法などの情報も提供しております。
どんな事でもお尋ねください。

line QR