これで騙されずに済む!FX自動売買詐欺の手口と見分け方・対処法

FXには自動売買という便利な機能があります。
しかし、中には甘い言葉で詐欺を働く業者もいるのです。

そこでこの記事では、よく使われる手口や見分け方、被害を受けてしまった時の対処法等をお伝えします。
自動売買の詐欺に騙されることなく、安心・安全なFX取引を楽しみましょう。

FX自動売買そのものは詐欺では無い

「FX自動売買」とは、取引において人間ではなくプログラムが設定された条件に基づき、自動で売買を行う仕組みです。
機械的に売買されるためパソコンの前に貼り付く必要がなく、また感情にも左右されないため、安定した取引が可能となります。

このように、自動売買自体は違法なものでも悪質なものでもありません。
しかし、性能を偽って質の悪いプログラムを法外な値段で売りつけたり、返金に応じず行方をくらましたりするなど、悪質な事例も横行しています。
FX自動売買を行う際には、きちんとした業者を選びましょう。

FX自動売買の詐欺の手口

世の中の詐欺には色々な種類がありますが、分野を問わず共通するのは、典型的なパターンがあることです。
FX自動売買ツールにおいても、詐欺を企む業者は似たようなパターンを使って、初心者を騙そうとしてきます。
自分が被害を受けないようにするか、まずそうした詐欺の流れをつかむことから始めなくてはなりません。

  1. ネットの誇大広告やSNSへの過剰投稿で引き寄せる
  2. 性能を偽った高額の自動売買ツールを売りつける
  3. 出金や返金、クーリングオフに応じない
  4. 音信不通になって連絡が取れない

ネットの広告やS N Sへの過剰投稿で引き寄せる

 

FXはパソコンやスマホなど、ネットを使って行います。
そのため自動売買の詐欺もネットと親和性が高く、広告やSNSの投稿を使って「簡単にもうかる!」「寝ているだけで大金持ちに!」など、威勢の良い言葉を使って関心を引きます。
また、InstagramやTwitterで目を引く写真があると、気軽にクリックするという人は多いでしょう。

業者がアップする写真の中にいるのは、札束やアクセサリーに囲まれ、高級レストランやリゾートを満喫している成功者たち。
「100万勝った!」「1,000万勝った!」そんな非日常的な大きな数字と、「絶対確実!」「100%保証!」というリスクがゼロであるという主張。
そうして不安を打ち消し、「お金が欲しい」「ぜいたくしたい」「失敗したくない」という人間の欲求をダイレクトに刺激します。
これらが時代を超えても変わらない、「詐欺のつかみ」と言える定番です。

他にも実際に利益が出ていることを示すため、通帳口座やネットバンキングの取引画面、FX口座の保有資産が分かる写真などを載せるのもありがちな手口です。
もちろん、そんな写真は画像加工をすればいくらでも偽造できますから、何の証明にもなりません。

性能を偽った高額の自動売買ツールを売りつける

ネットで見かけた魅力的な広告やSNSの投稿を見てアクセスしてきた初心者を待ち構えているのは、自動売買ツールやシステムの購入を促す勧誘です。
しかし、実際のところ、プログラムの中身はいい加減なものばかり。
どう頑張って使ったところで、宣伝文句にあるような利益はもたらしません。
しかも、無料で手に入る自動ツールも多い中、相場に見合わない高い価格で売りつけるのです。

購入を迷っている人に対しては「今だけ○○%引きでご提供!」「この販売ページが見られるのは○日間だけ!」「残り○○人で販売を終了します!」など、限定感や希少性をあおって背中を押します。
すると冷静さが失われ、時には数十万円もするツールを買ってしまうという結果に。
しかし、いざ使い始めてから、全く利益が出ないことに気づくのです。
中には肝心の自動売買ツール自体が提供されないというケースすらあります。

出金や返金、クーリングオフに応じない

1.海外口座の最大メリットは高金利!

FX自動売買詐欺に遭ったと思ったら、救いになるのが「クーリングオフ」。

クーリングオフとは、売買契約を交わしてから8日以内であれば、無条件でその契約を解約できるという制度です。
自動売買ツールの販売は特定商取引法における「訪問販売」に当たるため、法的にこのクーリングが適用されます。

しかし人を騙して高額ツールを買わせるような悪徳業者です。
クーリングオフに応じる姿勢などハナからありません。
押し問答を繰り返すだけで、お金が返ってくる可能性は低いでしょう。

また、FX取引をするに当たっては、前もってFX業者の口座に入金をしなくてはなりません。
買ってしまったツールの返金が無理なら、せめて口座に入れたお金だけでも引き出そう。
そう思って出金の手続きをしても、依頼が受理されないという手口もあります。
「一定期間は引き出せない」「一定量の取引が必要」などと出金に当たって条件を付けてくるのです。
特に素性の分からない海外のFX会社には注意が必要です。

FX自動売買詐欺の見分け方

このように、詐欺に引っかかってしまうと、後からお金を取り戻すのは極めて困難です。
その一方で、冒頭で説明したように自動売買自体は詐欺ではありません。
ですから早い段階で問題のないツールなのか、詐欺の可能性が高いのか、見抜く能力が求められます。
ここでは詐欺を見抜くための方法をいくつかご紹介していきます。

  1. 派手な宣伝や画像、うたい文句は疑ってかかる
  2. 突然の連絡は怪しむこと
  3. 検索で口コミや評判を調べる
  4. フォワードテストでチェックする

F X自動売買の詐欺に遭ってしまった際の対処法

海外口座開設の注意点

ここまで説明したような知識がなく、あるいはうまく活用できずに詐欺に騙されてしまった場合は、下記の対処を試してください。
いずれも公的な窓口に相談するという方法になります。
時間を置くと相手と連絡が取れなくなる可能性があるので、可能な限り早く行動する事をおすすめします。

  1. 警察に相談する
  2. 消費生活センターや国民生活センターに相談する
  3. 適格消費者団体や特定適格消費者団体に相談する
  4. 弁護士に相談する